無垢一枚板のダイニングテーブルと座卓 ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
無垢一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
無垢一枚板作品のできるまで
展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(木のマメ知識)
お問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
無垢一枚板や手作り家具関連のリンク
トップページへ戻る
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房のインスタグラム
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具





通しほぞ
通しほぞ通しほぞとは、ほぞを貫通させ、多くの場合割り楔(クサビ)を差し込んで接着させる仕口です。より抜けにくい強固な接合をさせる事が出来ます。
通しほぞの加工方法を簡単にご説明致します。
通しほぞ雌木には貫通穴をあけ、雄木には差し込んで更に少し出るぐらいの長めのほぞを作ります。

ほぞには、割り楔(クサビ)を入れる切込みをつけておきます。
通しほぞ割り楔(クサビ)を作製します。

仕上がり後は割り楔(クサビ)がデザイン的なアクセントになるので、色の違う硬い木を使って作る事が多いです。
通しほぞ接着剤をつけてほぞを差し割り楔を叩き込みます。ほぞの飛び出した部分は後で切り取ります。ほぞ穴は入り口より出口の方がほんの少し広くなるように作ってありますので、割り楔を叩き込むと出口側のほうが広がって、抜けにくくなります。
通しほぞ接着剤が乾いてから、鉋(カンナ)できれいに削って仕上げて完成です。
 
関連項目
仕口とは
ほぞ接ぎ・組接ぎ手
地獄ほぞ
蟻組み接ぎ(蟻組み継ぎ)
留形隠し蟻組み接ぎ(留形隠し蟻組み継ぎ)
寄せ蟻
 
>> 木になる話 一覧に戻る





 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com