無垢一枚板のダイニングテーブルと座卓 ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
ダイニングテーブル
ローテーブル
円卓
座卓
椅子
箱物家具
子供家具
木の小物
その他
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
無垢一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
無垢一枚板の手作り家具ができるまで
展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(木のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
無垢一枚板や手作り家具関連のリンク
トップページへ戻る
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房のインスタグラム
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具





タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型(座卓兼用型)
無垢一枚板の手作り家具(タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型)
お問い合わせはこちらからどうぞ
お問い合わせ番号
DNG002
価格
お問い合わせ下さい
材質 タモ
脚部 H脚型(座卓兼用型)
サイズ 巾190cm × 奥行91〜97cm × 高さ70cm(板厚 5.7cm)
仕上加工 植物性無公害オイル仕上げ
※ 写真をクリックすると拡大写真をご覧頂けます。
※ サイズは全ておよその寸法で表示しています。
※ 奥行は最小幅と最大幅を表示しています。
※ 本作品はオーダー家具の見本です。本作品と同じ風合いの作品を制作致します。
※ 価格についてはお問い合わせ下さい。
 
半布里工房のこだわり
十分な厚みのあるタモの無垢板を2枚接ぎにして使い、どっしりとした感じに仕上げました。 脚にはH型を採用し、ノックダウン方式(組み立てられる方式)としました。共木(同じ丸太から取った木)で、しかも共板を2枚接ぎにした天板で、まるで一枚板と変わらない、無垢板の存在感を感じさせるテーブルに仕上がりました。
 
無垢一枚板の手作り家具(タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型) 横巾は190cmと十分な長さがあります。

妻手側からも座れて椅子が入るように、脚の貫板の高さを多めに確保してあります。
 
きれいなタモの無垢板ですが、あえて耳の部分に変化をもたせるように木取りを工夫し味わいを加味しました。 無垢一枚板の手作り家具(タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型)
 
無垢一枚板の手作り家具(タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型) 脚はH型で、天板の吸い付き桟に組み込みます。連結金具で固定します。もちろん、他の脚のタイプに変更する事も可能です。
 
座卓タイプはこのようになります。写真の天板はタモ2枚接ぎで脚はH脚型です。

脚を2種類用意すれば、ダイニングテーブルと座卓を兼用する事もできます。
無垢一枚板の手作り家具(タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型)
 
無垢一枚板の手作り家具(タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型) 天板は共木(同じ丸太から取った木)で、しかも共板を2枚接ぎにした物ですので、一枚板同様の存在感があります。
 
隠し雇い核接ぎ」という技法で加工してあります。木口には見えませんが、内部に加工がしてあります。

当工房ではテーブルの天板は基本的にこの工法で加工をする事が多いです。接着強度と美観を考えた結果です。
無垢一枚板の手作り家具(タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型)
 
無垢一枚板の手作り家具(タモ2枚接ぎ ダイニングテーブル H脚型) 他のお客様の制作例です。このテーブルは、巾180cm×奥行80〜85cm×高さ66cmという少し低めのサイズでお作りしたものです。このテーブルの天板も共木の2枚接ぎです。
 
この作品は「お客様の声」でも紹介されています
岐阜県美濃市 N.H様    
 
着色について
オイル仕上げにつきましては、基本的にクリヤーオイル仕上げ(着色無し)にて仕上げております。これは、材本来の色(木肌)を活かしたい…という当工房の考えからです。(材によっては、逆に着色仕上げを施した方が良いと考えられる材も存在します。その場合は当工房の判断で着色仕上げを施します。)

ただ、お客様のご意向でどうしても色を付けたい場合や、他の家具や部屋の雰囲気に色合いを合わせたい場合もあると思われます。そのため、お客様のご要望により着色仕上げも臨機応変に行います。

着色仕上げをご要望する場合はこちらのカラーサンプルより色をご指定下さい。着色に使用するオイルも、もちろん植物性無公害オイルです。
>> カラーサンプルはこちら
 
脚部について
脚部につきましてはご自由に組み合わせてオーダーして頂けます。

天板もご希望のものをお探し致しますのでどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。天板と脚部を自由に組み合わせる事によって、あなただけのオリジナルダイニングテーブルが完成致します。
>> 脚部デザイン一覧はこちら
 
天板の仕上げについて
半布里工房では、仕上げの際には必ずかんながけを行う事にしています。この工程を行わずにサンダーのみで仕上げるのと比べ、仕上がりの美しさにおいて、あるいは面の平滑性や手触りなどにおいて違いが生じてくるからです。
>> 鉋仕上げについて
 
反り止めについて
半布里工房ではテーブルの天板やベンチの座板に必ず反り止めをつけています。反り止めには「吸い付き桟」という伝統的な工法を用います。「吸い付き桟」には「蟻桟」という技法と「寄せ蟻(送り蟻)」がありますが、それぞれに長所、短所がありますので必要に応じて使い分けをしております。
>> 吸い付き桟について
 
本作品はオーダー家具となります。お問い合わせはこちらからお願いします。
写真では分かり難い点もありますので、ご不明な点はどうぞお気軽にお尋ね下さい。

本作品と同じ風合いの作品を制作致します。費用はお問い合わせ下さい。
使用木材やデザインの変更、名前や模様の彫刻等もご相談にのります。

この作品のお問い合わせ番号は「 DNG002 」です。
お問い合わせ時にはお問い合わせ番号を記載して頂きますようお願い申し上げます。

半布里工房ではオーダー家具の注文を常時受け付けております。
どんなご要望にも対応できますので、まずはお問い合わせ下さい。

特定商取引に関する法律に基づく表示」に関しましてはこちらよりご確認頂けます。
 
>> ダイニングテーブル 一覧へ戻る
 
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com