ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
一枚板の手作り家具ができるまで
手作り家具の展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(無垢一枚板や手作り家具のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
リンク
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具



一木一会(無垢一枚板との出会い)

市場で丸太と出会う。

その時から半布里工房の創作活動は始まっています。
雨でぬかるんだ土場に転がされた丸太のそばでじっくり向き合っていると、
その木が自然と創作のヒントを与えてくれます。

「よし、この木でベンチを作ろう」

半布里工房の作品がまたひとつ増える瞬間です。
そして、百年、二百年と生きてきた木の命を無駄にする事の無いように…と、
心に誓うのです。
 
無垢の木の手作り家具の温かみ

無垢の木の温かさ、優しさ、強さに魅かれて家具を手作りしています。

一削りするごとに変わる木の表情。

磨き込み、そしてオイルを塗り込んだ後にあらわれる木の色合い。

そういったものに癒されつつ、今日も木と向き合っていますが、
そんな木の家具の良さを一人でも多くの方に味わって頂けたら…と思います。

>> 本当の木の家具ってどんなもの?
 
半布里工房が「住む」に掲載されました!
「住む」2014春 no.49に半布里工房の作品が掲載されました!「住処に住む。sumica ni sumu。〜住まいに溶け込む家具たち〜」という特集で取り扱って頂きました。
>> 詳しくはこちらをご覧下さい
 
お値打ち品のご案内
手作り家具工房の里山から
2016.09.20
「誕生日」
誕生日プレゼント先日は私の5?回目の誕生日でした。前回の里山だよりには娘にもらった誕生日プレゼントのことを書きましたが、今回はまた息子からもビールとおつまみのプレゼントをもらいました。

また、最近は銀行やら生命保険会社などからも、プレゼントと言って何かを持ってきてくれます。まあ義理プレゼントというか営業プレゼントですけど…それでも、もらって嬉しくないことはありません。新妻聖子さんからはバースデーカードが…。

さて、仕事の方は栃(トチ)無垢一枚板ダイニングテーブルが大体完成に近づきました。

吸い付き桟(反り止め) 吸い付き桟(反り止め)まずは裏側を鉋で削って、その後一旦サンディングしてから吸い付き桟(反り止め)加工をします。
吸い付き桟(反り止め)吸い付き桟の方を加工して叩き込みます。
トチ無垢一枚板ダイニングテーブルの脚 トチ無垢一枚板ダイニングテーブルの脚脚の方も加工を進めます。そして鉋で削って仕上げ、整形をしてから組み立てます。
天板の鉋がけ最後は天板の表側です。鉋がけをします。きらきらとしたきれいな木目(杢)が浮かび上がってきました。
耳の仕上げ耳の部分をきれいに仕上げます。こびりついている木の皮をきれいにはがす作業に入ります。
多くのメーカーや工房ではこの作業を簡単にするために「サンダー」という工具で磨いて…というより、いわば削って取ってしまいます。そして、つるつるに仕上げて「どうですか、木の自然な表情ですよ。いいでしょう?」と言います。でもそれでは本当の木の表情は出てきません。だって人工的に作ってしまうのですからね。

耳の仕上げ私の場合はそれが嫌なので、手間はかかりますが時間をかけて少しづつ木の皮をはがしていきます。彫刻刀やらブラシやらスポンジやらいろいろなものを使って…。
先日お客様と一緒にある材木店に板を見に行きました。すると見ていた板は耳の部分がかなり汚い(削れていたり虫穴があったり、ささくれていたり…という意味です)板でした。そんな板はよくあります。というかむしろ耳の部分が完全にきれいに残っている板の方が珍しいと言えます。

その時、材木店の方が「こんなのは磨いて(実際は削って)作ってしまえば問題ないです」とお客様に向かって言いました。もちろんその通りです。そんなことは百も承知です。でも私は言いました。「ていうか、僕がそういうのが嫌いですから…」(と言ってその板に難色を示しました。) それを聞いた材木店の人は「なんだこいつ変わったやつだな」と言わんばかりの顔をして、私を見ていました。そのぐらい、私のようなこだわりを持って作っている人は少ないということなのです。

耳の仕上げみんなそうやって人工的な自然の表情を作るのを当たり前にしているのです、この業界は…。(もちろん、初めからガタガタになっているようなひどい状態の木の耳はそういうことができないので、私もやむをえずサンダーを使うこともあります。) ※木の耳については詳しくはこちらもご覧ください。

天板の仕上げあとはちょっとした穴や割れの部分に「千切り」を埋めたり、細かいところを仕上げてから全体をサンディングしていきます。完成はもうすぐです。

今日は台風…そわそわして落ち着きません。
>> 里山日記バックナンバー
 
半布里工房の手作り更新履歴
2016.09.20 里山便りを更新しました。
2016.09.12 里山便りを更新しました。
2016.09.08 箱物家具楢(ナラ)テレビ台を追加しました。
2016.09.07 箱物家具楢(ナラ)収納棚を追加しました。
2016.09.06 箱物家具楢(ナラ)食器棚を追加しました。
2016.08.31 箱物家具壁面収納を追加しました。里山便りを更新しました。
2016.08.30 座卓胡桃(クルミ)リビングテーブルを追加しました。
2016.08.29 お客様の声を追加しました。

>> これまでの更新履歴
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com