ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
一枚板の手作り家具ができるまで
手作り家具の展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(無垢一枚板や手作り家具のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
リンク
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房のインスタグラム
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具



一木一会(無垢一枚板との出会い)

市場で丸太と出会う。

その時から半布里工房の創作活動は始まっています。
雨でぬかるんだ土場に転がされた丸太のそばでじっくり向き合っていると、
その木が自然と創作のヒントを与えてくれます。

「よし、この木でベンチを作ろう」

半布里工房の作品がまたひとつ増える瞬間です。
そして、百年、二百年と生きてきた木の命を無駄にする事の無いように…と、
心に誓うのです。
 
無垢の木の手作り家具の温かみ

無垢の木の温かさ、優しさ、強さに魅かれて家具を手作りしています。

一削りするごとに変わる木の表情。

磨き込み、そしてオイルを塗り込んだ後にあらわれる木の色合い。

そういったものに癒されつつ、今日も木と向き合っていますが、
そんな木の家具の良さを一人でも多くの方に味わって頂けたら…と思います。

>> 本当の木の家具ってどんなもの?
 
半布里工房が「住む」に掲載されました!
「住む」2014春 no.49に半布里工房の作品が掲載されました!「住処に住む。sumica ni sumu。〜住まいに溶け込む家具たち〜」という特集で取り扱って頂きました。
>> 詳しくはこちらをご覧下さい
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
 
お知らせ
3月11日に「こたつ座卓」についてお問い合わせをいただきましたI様。メールアドレスの間違いによりお問い合わせに対する返信ができません。大変お手数ですが、もう一度メールアドレスのご確認をいただき、再度お問い合わせを頂きますようお願いいたします。
手作り家具工房の里山から
2019.03.22
「山桜のテーブル I型」
菜の花畠(ばたけ)に 入り日薄れ
見わたす山の端(は) 霞(かすみ)ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月(ゆうづき)かかりて におい淡(あわ)し 里わの火影(ほかげ)も 森の色も
田中の小路(こみち)を たどる人も
蛙(かわず)のなくねも かねの音も
さながら霞(かす)める 朧(おぼろ)月夜

言わずと知れた唱歌「朧月夜」です。前にも書いたことがありますが、日本語は本当に美しいですね。「唱歌」にはそんな日本語の美しさを思い出させる歌がたくさんあります。短い言葉の中にいっぱいの意味や情景、情感が詰まっています。

見上げた月「朧月夜」「夏は来ぬ」…好きな歌です。以前YouTubeで新妻聖子の「夏は来ぬ」を聞きましたが、絶品でした。唱歌のCDを出してくれればいいのに…夕方ふと見上げた空にかかる月を見てそんなことを思い出しました。
山桜3枚接ぎダイニングテーブル 山桜3枚接ぎダイニングテーブルさて工房では、福岡市のお客様の「山桜3枚接ぎダイニングテーブル」の制作が進んでいます。

電動鉋で板の片面の平面を出し、自動鉋盤で削ります。
隠し雇い実接ぎ接ぎ面に「隠し雇い実接ぎ」の加工をします。
ビスケットジョイントその後「ビスケットジョイント」の加工もしておきます。
天板の接ぎ合わせ接着剤を塗って接ぎ合わせます。こうやってボンドが完全に固まるまで一日置きます。
おにぎりスツールその間に「ふるさと納税」の「おにぎりスツール」の加工を進めます。木工ろくろで挽いた後、鉋で削ります。
おにぎりスツール おにぎりスツール組み立てをし、とび出した部分を削り取ります。
おにぎりスツール仕上げて、塗装をして完成です。すでに各地へ発送いたしました。
山桜ダイニングテーブルの天板さて、ダイニングテーブルに戻ります。長さをカットします。今回も厚み42mm×長さ190cmとなりました。
山桜の天板の鉋削りこの段階で鉋削りに入ります。まずは裏側を削ります。
山桜の天板の鉋削りそして表側も削ってしまいました。
山桜の天板のサンディング裏側をここで一度サンディングしておきます。
山桜ダイニングテーブルの脚脚部の材料の木取りをします。貴重な大きな山桜の盤を切り分けます。貴重な材料ですので失敗の無いように慎重に木取りをしていきます。
天板の反り止め加工 天板の反り止め加工
次に反り止め加工に入ります。今回も「寄せ蟻」の加工です。
天板の反り止め加工叩き込むと加工の跡は完全に見えなくなります。
山桜ダイニングテーブルの脚 山桜ダイニングテーブルの脚脚部の加工に入ります。ほぞ、ほぞ穴を加工していきます。

こんな感じで進んでいきます。今のところ予定通り、順調に進んでいます。
>> 里山日記バックナンバー
 
半布里工房の手作り更新履歴
2019.03.22 箱物家具引き出し収納付き壁面書棚を追加しました。里山便りを更新しました。
2019.03.20 クラロウォールナット パーソナルデスクに制作例を追加しました。
2019.03.19 お客様の声を追加しました。
2019.03.15 里山便りを更新しました。

>> これまでの更新履歴
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com