メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る

いつまでも永く使い続けられるダイニングテーブルなどの手作り家具を

毎日の暮らしの中に自然に溶け込み、20年、30年…と永く使い続けられる「相棒」のような家具を作りたい。そして、それを「子供や孫にも引き継いでいきたい」と思えるような愛着を持って使い続けられる家具を作りたい。

「佐藤さんの作る家具はなんかいいわ」「ずっと前からそこにあったかのような感じがする家具だわ」…そんな言葉をいただけるならこれ以上の喜びはありません。

そんな家具を作るために、技術の鍛錬はもちろんのこと、永く使っても飽きることのないデザインを生み出すこと、そして本物の素材を選んで使うことなどに心がけていこうと思っています。
木のこだわり手作り家具 オーダー家具へのお客様の声 手作り家具の木になる話(木の豆知識)
半布里工房の家具は様々な雑誌に掲載されています
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
最新の里山便り
「秋の味覚」
2021.09.29
木の器木の器先日来、木工旋盤の加工が続いています。在庫が無くなった「木の器」の制作です。いろんなサイズ、形の器を作っています。
木の器木工旋盤もなかなか難しいものですが、それなりに上達していると思います。もうすぐ完成です。
誕生日のお祝い誕生日のお祝い先日は私の誕生日でした。赤ちゃんと一緒に里帰りをしている娘夫婦が祝ってくれました。ありがとう。
栗の木ところで、お彼岸も過ぎてまさに秋らしくなってきました。野山にも庭にも、そして畑でも秋を見ることができるようになりました。

工房の隣に3年前に植えた2本の栗の木にも、たくさん実がつくようになりました。(「桃栗三年柿八年」とはよく言ったものです。) あまりにもたくさん取れるので、栗きんとんと栗ご飯にすることにしました。
栗栗まずは栗を蒸して中身をスプーンで取り出します。
栗きんとん栗きんとん三温糖を混ぜて少し甘みを付け(他には何も入れません)、ラップで巻いて形にします。

(なーんていかにも自分で作ったかのような言い方ですが、私がやったのは栗をスプーンでほじくっただけ。あとはぜーんぶカミさんがやってくれました。)
栗ご飯そしてもう一つ、栗ご飯です。たくさん栗が入った栗ご飯。贅沢です。栗ご飯大好きです。(食べ過ぎてちょっとおなかの調子を壊しました。)
秋ナス栗もそうですが、秋の味覚の一つ「秋ナス」も取れ始めました。実は「安気こいてほかっておいた」ら(まぁ大丈夫だろうと思って何もせずに放っておいたら)ナスに虫がついてしまっていて、葉や茎が食われてしまって元気がなくなっていたのです。いやぁ、失敗しました。

調べたら「チャノホコリダニ」というダニみたいです。すぐに薬(オーガニックの薬です)を取り寄せて散布しておきました。それで1週間ほどたち、何とか復活したようです。焦りました。ですが、食べてみたら、柔らかくておいしかったです。秋ナスにありつくことができて良かった良かった。
シシトウピーマンナスと同時に更新剪定をしておいたシシトウ、ピーマンなども元気に大きくなり、たくさん実をつけています。こちらも柔らかくておいしいです。
ジャガイモ畑では秋じゃがも目を出し始めました。
ピザ窯ピザ窯暇を見て修理をしていたピザ窯も完成しました。ドームの内部空間が少し大きくなり、煙突も良くなりました。

また、一番は焼き床が変わったことです。前のは耐火モルタルを練って作った焼き床でしたが、今回は「大谷石」を取り寄せて置くことにしました。ちょっと上等になりました。
おがくず燻製せっかく完成したので、試運転を兼ねて燻製を作ることにしました。「ピザ窯で燻製ができるのか?」と初めは思いました。ネットで調べてもピザ窯で燻製をしている例はあまり見つかりませんでした。

しかし、ある動画を見て「できる!」と思い、挑戦しました。うちにはふんだんにおがくずがあります。(今回は桜のおがくずでやりました。) ですから、できるに違いないと思いました。
おがくず燻製結果は…成功です。通常「熱燻」は80度から100度で1〜2時間ぐらい。これがいいのですが、その温度にするのは無理。「温燻」は60度〜70度ぐらいで数時間。(「冷燻」は30度ぐらいで1週間とか…そんなに待てない!)

「温燻」ならできそうです。結局3時間ぐらいでいい感じの燻製ができました。
おがくず燻製おがくず燻製あまりにおいしかったので、(いつものことながら)写真を撮るのを忘れてしまいました。こんな写真しかなくてすみません。

今回はプロセスチーズとウインナー、そしてベーコンとシシャモを燻製にしてみました。どれもすごくおいしかったです。
赤ちゃん赤ちゃんさてさて話が一気に変わります。娘に赤ちゃんが生まれて里帰りをして1ヶ月が経ち、ついに帰っていく日が来てしまいました。…寂しいです。

でも娘には「がんばれよ」、赤ちゃんには「大きくなれよ」と声をかけてあげました。また(すぐに)来いよ!
工房の庭工房の庭最後に今の庭の様子です。
工房の庭 工房の庭 工房の庭
更新履歴
2021.09.29
里山便りを更新しました。
2021.09.10
里山便りを更新しました。
2021.09.09
お客様の声を追加しました。
2021.09.08
胡桃(クルミ)円卓に制作例を追加しました。