メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る

いつまでも永く使い続けられるダイニングテーブルなどの手作り家具を

毎日の暮らしの中に自然に溶け込み、20年、30年…と永く使い続けられる「相棒」のような家具を作りたい。そして、それを「子供や孫にも引き継いでいきたい」と思えるような愛着を持って使い続けられる家具を作りたい。

「佐藤さんの作る家具はなんかいいわ」「ずっと前からそこにあったかのような感じがする家具だわ」…そんな言葉をいただけるならこれ以上の喜びはありません。

そんな家具を作るために、技術の鍛錬はもちろんのこと、永く使っても飽きることのないデザインを生み出すこと、そして本物の素材を選んで使うことなどに心がけていこうと思っています。
木のこだわり手作り家具 オーダー家具へのお客様の声 手作り家具の木になる話(木の豆知識)
半布里工房の家具は様々な雑誌に掲載されています
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
最新の里山便り
「週末は恒例の…」
2022.06.29
背もたれ付きベンチの制作工房では胡桃(クルミ)のダイニングセットの制作が続いています。現在は背もたれ付きベンチ2脚の制作中です。
背もたれ付きベンチの制作ここのところ週末になるとご注文主のお客様が「制作の様子を見たい」と言われ、工房にお越しになるのが恒例となっています。先日の日曜日もまた来られて、ベンチの制作を見ていかれました。

ついでに脚の貫先のサンディングなども一緒に体験していただきました。
前回の里山だよりにも書きましたが、私が制作している様子を逐次写真や動画に撮っておられ、それを送っていただきました。
今回で3回目(4回目?)の見学となり、お客様も(私も?)もう慣れた感じになっています。木くずが出たらさっとエアーで吹いてくれたり、床の掃除をしておられたり…毎回「楽しかったです」と言って帰っていかれます。

背もたれの制作背もたれの制作さて、ベンチの制作は脚部が完成し、背もたれの制作に移っています。

背柱を建てるほぞ穴をノミで掘って…
ほぞ加工ほぞ加工ほぞ加工背柱にほぞを加工します。
座刳り座刳りこの後、背もたれの制作、そして座面に座刳りをほどこします。

完成まではもう少しかかります。
猛暑でぐったりここのところ猛暑が続き大変です。人間も植物もぐったりという感じです。
しかし、庭では暑さに強い花たちががんばって咲いてくれています。フロックス、エキナセア、スーパーランタナ、スーパートレニア、ダリア、桔梗、アジサイ、そしてハーブのベルガモットなどなど…。
工房の庭 工房の庭 工房の庭 工房の庭 工房の庭 工房の庭 工房の庭 工房の庭
バラも2番花が咲いています。レディーオブシャーロット、アリスターステラグレイ、ピエールドゥロンサールなどなど…。
バラ バラ バラ
アジサイアジサイのアナベルはすっかり満開を過ぎて少し色が緑色になってきたところで、今年もドライフラワーにすると言って妻が切っていました。
それをつるして乾かすのですが、その場所が問題で、いろいろつるしてみた結果「ここが一番いい」と選んだのが居間と次の間の境のところ。少し前もニゲラを切ってここにつるしていました。まるで花のカーテンみたい…。正直、ちょっと邪魔くさい…。
ドライフラワー ドライフラワー ドライフラワー
でも完成すれば美しいもので、これで花の命もまた新たな形で生かされ、長く鑑賞することができます。
ドライフラワー ドライフラワー ドライフラワー
さて話を戻し…猛暑の中ですが、畑の方はそんな中でも2〜3ヵ月後のことを見越して土作りです。大量にもみ殻と米糠を撒いて管理機で混ぜくっておきます。こうして土の中で自然発酵をさせてふかふかで良い土へと変わっていくのです。
畑の土作り 畑の土作り 畑の土作り
猛暑と言えば、私が指を怪我したのも猛暑が続いた2018年のことです。連日のように38℃、39℃、40℃が続いたあの年を忘れることはありません。でもそれは7月下旬のことだったはず…今年はまだ6月です。この先一体どうなってしまうのでしょう。とにかく気を付けて無理をしないようにやっていこうと思います。
更新履歴
2022.06.29
里山便りを更新しました。
2022.06.22
よくあるご質問を追加しました。
2022.06.21
里山便りを更新しました。
2022.06.16
里山便りを更新しました。
2022.06.08
箱物家具欅(ケヤキ) 厨子を追加しました。