メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 家具のベントや展示会
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る

いつまでも永く使い続けられるダイニングテーブルなどの手作り家具を

毎日の暮らしの中に自然に溶け込み、20年、30年…と永く使い続けられる「相棒」のような家具を作りたい。そして、それを「子供や孫にも引き継いでいきたい」と思えるような愛着を持って使い続けられる家具を作りたい。

「佐藤さんの作る家具はなんかいいわ」「ずっと前からそこにあったかのような感じがする家具だわ」…そんな言葉をいただけるならこれ以上の喜びはありません。

そんな家具を作るために、技術の鍛錬はもちろんのこと、永く使っても飽きることのないデザインを生み出すこと、そして本物の素材を選んで使うことなどに心がけていこうと思っています。
木のこだわり手作り家具 オーダー家具へのお客様の声 手作り家具の木になる話(木の豆知識)
木工体験プログラム 〜世界に一つ、自分だけの作品を作ってみませんか?
半布里工房の家具は様々な雑誌に掲載されています
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
最新の里山便り
「ウォールナットの書斎机」
2024.07.11
工房の野菜毎日たくさん取れる野菜を、孫が喜んで食べてくれます。
子供椅子密かに定番で作っている「子供椅子」ですが、結構手間がかかるので、これまであまり宣伝はしてきませんでした。

しかし、孫が出来て、3人の孫それぞれに作ってあげると、これが意外に(?)好評でして…聞くといつもこの椅子に座っているとか。

また、この椅子を押して歩いて、歩行の練習にもなってるようで…やはり木の触り心地、座り心地がいいのでしょうか?それにベニマツ製なので、軽くて持ち運びやすいから?

いずれにせよ、孫たちのおかげでこの椅子の良さを見直したというわけであります。これから、ちょっと力を入れて売っていこうかなと思っています。
ウォールナットの書斎机そして、工房では大阪府のお客様のウォールナット書斎机の制作中です。また、新たに追加制作した部材も鉋仕上げしていきます。
ウォールナットの書斎机ここまでの部材すべてをサンディングして仕上げます。
摺り桟引き出しの摺動部(摺り桟)は、いったん仮に組んででから鉋掛けします。

「目地払い」と言って、引っ掛かりなく入るように面一(ツライチ)にしておくのです。
書斎机の塗装書斎机の塗装そして、すべての部材を塗装しておきます。

組み立ててからでは(引き出しの内部とか)塗装がしにくいので、部材ごとに塗装をするのです。
摺り桟の組み立て組み立てにかかります。箱物の場合、部分ごとに何回にも分けて組み立てを行っていきます。

これは引き出しの摺り桟の組み立てです。
引き出しの組み立て引き出しの組み立てそして、側の部分や中に入る部分を組み立てます。
引き出しの組み立て右側の部分だけを組み立てました。
引き出しの組み立けそして、全体の組み立てです。
天板と本体の組み立て天板と本体の組み立て接着剤が完全に乾いて固まりました。ここで天板と本体を一度ハメてみます。

「うまく入るかな?」…緊張します。
天板と本体の組み立て天板と本体の組み立うまくいきました。ほっとしました。
ウォールナットの書斎机ウォールナットの書斎机書斎机の形になってきました。
書斎机本体書斎机本体こうして、本体の方は完成しました。
天板仕上げ天板の仕上げです。前部は「蛇腹面」に加工します。内丸鉋で削ります。

天版を仕上げて、引き出しを作って…あともう少しです。
更新履歴
2024.07.17
円卓山桜 2枚接ぎ円卓を追加しました。
2024.07.11
座卓ウォールナット 2枚接ぎこたつ座卓を追加しました。里山便りを更新しました。
2024.07.04
里山便りを更新しました。
2024.07.03
お客様の声を追加しました。