ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
一枚板の手作り家具ができるまで
手作り家具の展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(無垢一枚板や手作り家具のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
リンク
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房のインスタグラム
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具



一木一会(無垢一枚板との出会い)

市場で丸太と出会う。

その時から半布里工房の創作活動は始まっています。
雨でぬかるんだ土場に転がされた丸太のそばでじっくり向き合っていると、
その木が自然と創作のヒントを与えてくれます。

「よし、この木でベンチを作ろう」

半布里工房の作品がまたひとつ増える瞬間です。
そして、百年、二百年と生きてきた木の命を無駄にする事の無いように…と、
心に誓うのです。
 
無垢の木の手作り家具の温かみ

無垢の木の温かさ、優しさ、強さに魅かれて家具を手作りしています。

一削りするごとに変わる木の表情。

磨き込み、そしてオイルを塗り込んだ後にあらわれる木の色合い。

そういったものに癒されつつ、今日も木と向き合っていますが、
そんな木の家具の良さを一人でも多くの方に味わって頂けたら…と思います。

>> 本当の木の家具ってどんなもの?
 
半布里工房が「住む」に掲載されました!
「住む」2014春 no.49に半布里工房の作品が掲載されました!「住処に住む。sumica ni sumu。〜住まいに溶け込む家具たち〜」という特集で取り扱って頂きました。
>> 詳しくはこちらをご覧下さい
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
手作り家具工房の里山から
2019.02.22
「いろいろ」
ジャガー猫のジャガーはずいぶん良くなりました。数値だけを見るとまだ不安もありますが、本当に元気になり、元のような感じが戻ってきました。

お医者様は「あそこまで(病状が)悪くなった猫がこんなに良くなるなんて奇跡です!」と言われました。一時は「もう内科的な治療ではやれることはありません」とあきらめ気味でしたが、ここまで回復したのです。お医者様は「何が良かったのか僕にも分かりません」と言われますが、見放すことなく見て頂いたお医者様のおかげです。

ジャガー ジャガーリードを付けなくても外へ散歩に出せるようにもなりました。「ジャガーのいない『jagar's garden』なんて…」と私も悲しかったのですが、ジャガーが庭に戻って来ました。夢がかないました。
工房の裏手にあるお寺さて、先日のことですが、工房の裏手にあるお寺のご住職が亡くなられました。
桜の枝のスツール(ちょこっとスツール)本当に良い和尚様でした。私は檀家ではありませんが、日頃からよくしていただきました。展示会の時にはわざわざ見に来ていただき、ベンチをご購入いただきました。その後、合わせてセンターテーブルもご注文いただき、庫裏の玄関に置いて頂いておりました。

昨年の展示会の時にはご入院中で見に来れなかったことを、後に「すみませんでした」とわざわざ仰っていただきました。本当にありがたいことです。

それ以外にも桜の木の枝を剪定した時に声をかけて頂いて、それをいただき、「桜の枝のスツール(ちょこっとスツール)」を何本も制作させていただきました。(お寺にも2本ほど寄付させていただきました。)

これからもまだまだずっといろいろなお話を聞きたいと思っていましたが、本当に残念です。ベンチとセンターテーブルはだいぶん汚れてきているので、「メンテナンスをしましょうか」とお話をしていたところでした。その約束が果たせないまま、お亡くなりになられたのです。必ず、その約束は果たします。

富加町いなか舎てくてくめぐり話はガラッと変わりますが、3月1日から恒例の「富加町いなか舎てくてくめぐり」が始まります。
富加町いなか舎てくてくめぐり今年は私は(怪我のせいでしわ寄せがきている仕事の都合もあり)このイベントは1回お休みです。でも当工房のギャラリー自体はいつでもオープンですので、ぜひついでに当工房へもお立ち寄りください。
さて、仕事の方ですが、東京都のお客様の壁面書棚は完成しました。

壁面書棚 壁面書棚 壁面書棚  
クラロウォールナット一枚板の書斎机 クラロウォールナット一枚板の書斎机クラロウォールナット一枚板の書斎机と一緒にいよいよ納品となります。一路東京へ行ってきます。
おにぎりスツールずっと止まっている「ふるさと納税」の作品作りも進めなくてはなりません。「おにぎりスツール」はまず10脚分向かいます。
おにぎりスツールそのうち、大至急必要な2脚分だけを急ぎ仕上げました。
シーズニング同時に川崎市と福岡市のお客様の「New KOSI-KAKE」も進めていきます。座板用の材は先週中に一旦(所定の厚みよりも分厚く)削って、シーズニングをしておきました。
板接ぎ 板接ぎそれを板接ぎします。ビスケットジョイントの加工をして接ぎ合わせます。
 脚の加工脚の方も加工していきます。こちらもペースを速めて行かなくてはなりません。いろいろあった1週間が終わりました。
>> 里山日記バックナンバー
 
半布里工房の手作り更新履歴
2019.02.22 里山便りを更新しました。
2019.02.15 里山便りを更新しました。
2019.02.08 里山便りを更新しました。
2019.01.31 里山便りを更新しました。
2019.01.22 里山便りを更新しました。
2019.01.16 里山便りを更新しました。
2019.01.15 お客様の声を追加しました。

>> これまでの更新履歴
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com