メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る

いつまでも永く使い続けられるダイニングテーブルなどの手作り家具を

毎日の暮らしの中に自然に溶け込み、20年、30年…と永く使い続けられる「相棒」のような家具を作りたい。そして、それを「子供や孫にも引き継いでいきたい」と思えるような愛着を持って使い続けられる家具を作りたい。

「佐藤さんの作る家具はなんかいいわ」「ずっと前からそこにあったかのような感じがする家具だわ」…そんな言葉をいただけるならこれ以上の喜びはありません。

そんな家具を作るために、技術の鍛錬はもちろんのこと、永く使っても飽きることのないデザインを生み出すこと、そして本物の素材を選んで使うことなどに心がけていこうと思っています。
木のこだわり手作り家具 お客様の声 木になる話(木の豆知識)
半布里工房は様々な雑誌に掲載されています
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
最新の里山便り
「春はもうすぐ?」
2021.02.16
木工房の庭や畑木工房の庭や畑ここのところ冷たい雨が降り、北の方では吹雪になるなどまた冬に戻っていますが、それでも庭や畑では確実に春が目覚めだしています。

チューリップやアリウムギガンチウムの芽が出始めました。
ポピー何か所かに種をまいたポピーもたくさん目を出して大きくなりつつあります。
デルフィニウムルピナスデルフィニウムやルピナスは元気に冬越しをし、少しづつ大きくなっています。
タチアオイやジギタリスも元気です。アネモネやクリスマスローズはすでに花が咲き始めています。
庭や畑 庭や畑 庭や畑
エンドウ畑ではエンドウの芽が大きくなりました。
ネギや玉ねぎネギや玉ねぎの苗も少しづつ大きくなっています。同時に草も元気になってきて…いよいよ草引きのシーズンが始まるのか…。
さて、工房では「タモのちゃぶ台」が完成し、お客様の元へと発送いたしました。
タモのちゃぶ台 タモのちゃぶ台 タモのちゃぶ台
タモのちゃぶ台タモのちゃぶ台5センチの嵩上げ脚もお付けしました。
カッティングボードそしてまたまたカッティングボード約60枚の制作です。板を所定の大きさ(少し大きめ)にカットし、所定の厚みに削ります。
カッティングボードそしてすべての板の裏表、そして木端(こば)面に鉋掛けをします。何度も刃を研ぎなおししながら、たっぷり時間がかかりました。
カッティングボードカッティングボード型紙を当てて印をつけ、糸のこ盤で切っていきます。
カッティングボード持ち手の周りなどをサンディングした後、木口(こぐち)にも鉋掛けをします。
カッティングボードカッティングボードそして面取りをし、ひもを通す穴をあけたら、あとはサンディング作業、塗装へと移ります。こちらも完成間近です。
胡桃の円卓そして同時に「胡桃の円卓」(直径120cm)の加工も進めます。

まずは脚部材の角材化作業からです。今月中には完成の予定です。
更新履歴
2021.02.16
里山便りを更新しました。
2021.02.05
里山便りを更新しました。
2021.01.29
里山便りを更新しました。
2021.01.22
里山便りを更新しました。