ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
一枚板の手作り家具ができるまで
手作り家具の展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(無垢一枚板や手作り家具のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
リンク
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房のインスタグラム
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具



一木一会(無垢一枚板との出会い)

市場で丸太と出会う。

その時から半布里工房の創作活動は始まっています。
雨でぬかるんだ土場に転がされた丸太のそばでじっくり向き合っていると、
その木が自然と創作のヒントを与えてくれます。

「よし、この木でベンチを作ろう」

半布里工房の作品がまたひとつ増える瞬間です。
そして、百年、二百年と生きてきた木の命を無駄にする事の無いように…と、
心に誓うのです。
 
無垢の木の手作り家具の温かみ

無垢の木の温かさ、優しさ、強さに魅かれて家具を手作りしています。

一削りするごとに変わる木の表情。

磨き込み、そしてオイルを塗り込んだ後にあらわれる木の色合い。

そういったものに癒されつつ、今日も木と向き合っていますが、
そんな木の家具の良さを一人でも多くの方に味わって頂けたら…と思います。

>> 本当の木の家具ってどんなもの?
 
半布里工房が「住む」に掲載されました!
「住む」2014春 no.49に半布里工房の作品が掲載されました!「住処に住む。sumica ni sumu。〜住まいに溶け込む家具たち〜」という特集で取り扱って頂きました。
>> 詳しくはこちらをご覧下さい
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
手作り家具工房の里山から
2018.11.20
「リハビリと仕事」
指のリハビリ 指のリハビリ毎日病院に通ってのリハビリは相変わらず続いています。メニューもだんだんと増えてきました。
手首や肩のリハビリ怪我をした指のリハビリはもちろんのこと、怪我のせいで動きが悪くなった手首や肩などのリハビリも必要です。
腕や脚のトレーニング 腕や脚のトレーニングそして、筋力が落ちている腕や脚のトレーニングもリハビリの一環です。自転車もこいだりして、なんだかジムに来ているみたいです。

今まで運動習慣など一切なかった私には、今回の怪我をきっかけにむしろ健康な生活習慣を身に付けるように神様に仕向けられたような気がしています。いいことだと思っています。

本来は怪我で先行き不安になって心が落ち込んだり、暗くなりがちなリハビリというものだと思いますが、ここは全くそんなことがありません。それはリハビリの先生方が明るく楽しく指導してくださるからです。毎日ここでは笑いが絶えません。リハビリ仲間とも仲良くなり、みなさん明るくリハビリに取り組んでみえます。そういう皆さんのおかげでもあります。

手指のリハビリを担当されている先生は主に3人です。一人は経験豊富で技術や知識もすばらしい先生です。岐阜県一だとの評判で、全幅の信頼があります。まだお若く、とても楽しい先生です。一人はまだ若いですが、私ども患者の心に寄り添って明るく優しく適切に指導をしてくださいます。さらに経験を積んで素晴らしい先生になってくださるだろうと思われるセンスを感じる先生です。

もう一人は新卒のフレッシュな先生です。毎日頑張ってみえます。そういう先生方のおかげで毎日通うリハビリは苦にならず、楽しくその時間を過ごさせていただいています。

さて仕事の方ですが、桜のπチェアはだんだんと完成に近づいております。座面の座ぐりをします。
椅子の前脚の組み立て 椅子の前脚の組み立て部材の研磨をし、完成させたら組み立てです。まずは前脚の組み立てです。
椅子の後脚の成形 椅子の後脚の成形次は後脚の成形です。南京がんなで削って形を作ります。そして後脚も組み立てます。
椅子の肘部材の成形 椅子の肘部材の成形次は肘部材の成形です。
パイチェアの組み立て パイチェアの組み立て背板も作ったら、最後の組み立てです。接着にはエポキシという接着剤を使いますが、ぐにゅっとはみ出てくるぐらいに塗って、しっかりと締め付けて一日おきます。
エポキシかつて修業時代に木工所で働いていた頃、先輩からこのエポキシの練り方を教わりました。その表現が面白い。エポキシの練り具合を聞くと、「鼻垂れ小僧の鼻くそぐらいになったらおしまい」だとか。(今は鼻たれ小僧なんてあまり見かけませんが、昔はよく見かけたものです。) 表現が汚くてすみませんが、よく分かる言い方で、納得しました。

その先輩はほかにも「ほぞの入り具合(締りシロ、きつさ)」を(ここでは書くことが出来ない言葉なのが残念ですが)絶妙な表現で教えてくれました。そうやって私は現場でいろいろなことを実感として学ぶことが出来たのは幸せだったと思います。

仕上げ前のパイチェアそんなことでπチェアは最後の仕上げを待っている段階です。
また、注文が溜まってきた「ふるさと納税」の「おにぎりスツール」も加工に入っています。
スツールの脚同業者から言われました。「えっ?佐藤さん自分で轆轤挽いてるの?僕はてっきり外注しているのかと思ってました。」

違いますよ。たくさんあっても自分で挽きます。うちは。
>> 里山日記バックナンバー
 
半布里工房の手作り更新履歴
2018.11.20 里山便りを更新しました。
2018.11.14 里山便りを更新しました。
2018.11.06 里山便りを更新しました。
2018.10.22 里山便りを更新しました。
2018.10.09 お客様の声を追加しました。

>> これまでの更新履歴
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com