メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る

いつまでも永く使い続けられるダイニングテーブルなどの手作り家具を

毎日の暮らしの中に自然に溶け込み、20年、30年…と永く使い続けられる「相棒」のような家具を作りたい。そして、それを「子供や孫にも引き継いでいきたい」と思えるような愛着を持って使い続けられる家具を作りたい。

「佐藤さんの作る家具はなんかいいわ」「ずっと前からそこにあったかのような感じがする家具だわ」…そんな言葉をいただけるならこれ以上の喜びはありません。

そんな家具を作るために、技術の鍛錬はもちろんのこと、永く使っても飽きることのないデザインを生み出すこと、そして本物の素材を選んで使うことなどに心がけていこうと思っています。
木のこだわり手作り家具 オーダー家具へのお客様の声 手作り家具の木になる話(木の豆知識)
木工体験 世界に一つ自分だけのカッティングボードを作ろう!!
半布里工房の家具は様々な雑誌に掲載されています
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
最新の里山便り
「介護の日々」
2022.11.25
栗拭き漆スライド棚先日お伝えしていました「栗(クリ)拭き漆スライド棚」の拭き漆が仕上がりました。やはり拭き漆仕上げはいいですね。思っていたよりもいい感じです。
通しほぞや「天秤指し(蟻組み)」の仕口も今はまだ漆の濃さで見えにくいですが、時と共にさらに明瞭になってきて、さらにいい感じになるのではないかと思います。
栗拭き漆スライド棚 栗拭き漆スライド棚 栗拭き漆スライド棚 栗拭き漆スライド棚
栗拭き漆スライド棚今書きましたが、漆は年月とともに明るく(色が薄く)なって透明感が出てきます。我々はそれを「抜ける」といいますが、それがまたいい味になっていきます。

もちろん、漆ですから塗膜の固さも強くなっていきます。これも漆の良さですね。
L字に折り曲げた形で使ってもいいです。
栗拭き漆スライド棚 栗拭き漆スライド棚 栗拭き漆スライド棚 栗拭き漆スライド棚
栗拭き漆スライド棚サービスで支えの板を作りましたので角に置いたり、中間に仕切りとして立てて使うこともできます。
栗拭き漆スライド棚栗拭き漆スライド棚縮めてコンパクトに置くこともできます。
栃無垢一枚板こたつ座卓栃無垢一枚板こたつ座卓そしてもう一つ。「栃(トチ)無垢一枚板こたつ座卓」も完成しました。
栃無垢一枚板こたつ座卓ギラギラした木目が迫力ある一枚板の表情です。
栃無垢一枚板こたつ座卓栃無垢一枚板こたつ座卓大きな穴が開いてその周りに腐りが入っているという大きな欠点のある一枚板でしたが、どうにか仕上げることができました。
栃無垢一枚板こたつ座卓脚部本体は幕板にアールがとってあり、お客様の希望に合わせてアールの形状を少し工夫しました。
栃無垢一枚板こたつ座卓もちろん、こたつですからヒーター付きです。しかも、熱が上がってこないように全面断熱です。
栃無垢一枚板こたつ座卓栃無垢一枚板こたつ座卓残った部分を使って延長座卓にしましたので、くっつけると2mを超える長さの大きな座卓になります。
栃無垢一枚板こたつ座卓耳の部分は自然な表情をそのままに生かします。

こうして「栗(クリ)拭き漆スライド棚」と「栃(トチ)無垢一枚板こたつ座卓」はともに間もなく宮崎県まで旅立っていきます。
カッティングボードそして現在は、桜(サクラ)のπチェアとカッティングボードの制作を進めています。
桜のパイチェア 桜のパイチェア 桜のパイチェア
猫のリンちゃんところで、ここ1ヶ月ほど私は介護の日々を続けております。…といっても、家族の誰かが悪くなったわけじゃありません。ペットの猫の「リンちゃん」です。

どうやら脳に異常を来たしたらしく、歩くこともおぼつかず食欲もなくなりました。おまけに目も見えなくなり、どうやら匂いもしていないようです。そんなわけで、病院通いを続けています。

仕方がないので、食事は病院で買った療法食(柔らかい)を注射器に入れて口の中に入れてあげます。水もこうやって飲ませます。
猫のリンちゃん猫のリンちゃん目が見えず、匂いもしないのでトイレも無理です。放っておくと家じゅうあちらこちらでおしっこをしてしまいますので、まずはやむなくペットゲージを買ってきました。

ずっとこの中に居させるのはかわいそうなので時々出してやるのですが(といっても歩くのもフラフラなのですが)、さらにおむつも買ってきて付けています。
リンちゃんは「ジャガーちゃん」の子供ですが、もうすでに18歳以上になっています。かなりの高齢です。(ちなみにジャガーちゃんは20歳以上?) さすがに今回ばかりは(脳の病気ということもあり)先生も「元通りになる可能性は低いでしょう」と言われます。(高齢で、しかもこの状態ですから手術や麻酔の必要な検査はリスクが大きいということのようです。)

あとは私たち家族の気持ち次第ということのようです。本当に悩ましいですが、やはりかわいい家族の一員です。ジャガーの時と同じようにできる限りのことはしてやりたいと思っています。(ジャガーも4年前に肝臓病で一時死にそうになったのですが一命をとりとめ、だいぶん良くなっています。まだ2週間に1回ぐらい病院通いは続けていますが…。)

それにしても思います。ペットの保険は入っておいた方がいいですよ。
更新履歴
2022.11.29
特別イベントのご案内を追加しました。
2022.11.25
里山便りを更新しました。
2022.11.11
お客様の声を追加しました。
2022.11.09
里山便りを更新しました。