メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る
木の手作り椅子
  1. トップページ
  2. 半布里工房とは
半布里工房とは
半布里工房とは
半布里工房は鳥の鳴き声と畑仕事の人の声以外、聞こえる音があまり無い、静かな里の中に位置しています。そんな工房で一人、木と向き合っています。

夏はサウナの中にいるような暑さに頭がボーっとなりながらも、麦茶をがぶ飲みして生き返り、冬はしびれた手を薪ストーブで温め、熱いコーヒーを飲んでやる気を出し、春と秋は桜や梅の花、紅葉の木々の美しさ、畑の野菜の成長を窓の桟越しに眺め、大好きな木を素材とした物作りができる事を感謝しながら、創作活動に取り組んでいます。
半布里工房 代表 佐藤正裕
半布里工房 佐藤正裕1957年生まれ。1995年に飛騨高山の木工所に勤務し、現場での技術研鑽に努める。その後、高山高等技能専門校を修了。1998年に郷土である富加町加治田「半布里(はぶり)の里」にて家具工房を開設。

無垢の木にこだわり、世代を超えて使い続けられる家具作りをモットーに、受注生産による家具制作を中心に活動中。
お客様にいつまでも愛され、大切に使い続けて頂けるような作品を作ろうと、一つ一つ心を込めて私の時間を注ぎ込んでいます。そんな私の作品を気に入って頂き、又、それにあなたの時間をじっくりと注ぎ込んで下さるのであれば、私にとってこれほど嬉しい事はありません。

自然の中で暮らし、自然を愛し、自然と向き合っています。木と触れ合う他、畑を耕し、庭を作り、土や空気とも触れ合っています。時がゆっくり流れる半布里工房へ是非遊びに来て下さい。
半布里工房は様々な雑誌に掲載されています
半布里工房
ここから無垢の手作り家具が生まれる岐阜の山奥、富加町の「半布里」地区近くに半布里工房はあります。お気軽に遊びに来て下さい。

定休日はありませんが、不定期で休む事があるので、お越しの際には事前にご連絡をお願いします。

〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720
TEL:0574-54-2737 FAX:0574-54-2737
info@haburikobo.com
ギャラリー
無垢の手作り家具ギャラリー工房裏手の自宅内部にギャラリーを併設しております。定休日はありませんが、不定期で休む事があるので、お越しの際には事前にご連絡をお願いします。
無垢のオーダー家具ギャラリー佐藤正裕のこだわりの手作り作品を、多数展示しております。触って木の温もりを実感してみて下さい。
アクセスマップ
半布里工房の周辺アクセスマップ
高速道路(美濃加茂IC)利用の場合
東海環状自動車道 美濃加茂インターを下りてすぐの信号を右折します。次の突き当たりの信号を右折します。そのまま県道418号を道なりに進み「下羽生」の信号を右折、「タウンホール前」の信号を超えてすぐ左カーブしているあたりで細い道へ右折します。突き当りを右折し、そのまま道なりに1分程度進むと左手にお寺(龍福寺)への入り口が見えてきます。入り口を過ぎてすぐ左手にギャラリー(自宅内併設)があります。

工房へは、お寺(龍福寺)への入り口を左折し、1本目を右折します。するとログキャビン風の工房が右手に見えてきます。
高速道路(富加関IC)利用の場合
東海環状自動車道 富加関インターを下りてすぐの信号を左折し関方面に向かいます。「大平賀」の信号を左折します。1つめの信号を過ぎ、右にカーブしているあたりで細い道へ左折し突き当りを右折します。(富加町役場の信号(タウンホール前)まで行ってしまった場合は、その信号を左折し、すぐに左折すると同じ場所に出ます。)そのまま道なりに進むと、左手にお寺(龍福寺)への入り口が見えてきますので、入り口を過ぎてすぐ左手にギャラリー(自宅内併設)があります。

工房へは、お寺(龍福寺)への入り口を左折し、1本目を右折します。するとログキャビン風の工房が右手に見えてきます。
名古屋・美濃加茂方面からお越し場合
国道41号を美濃加茂方面にお進み下さい。中濃大橋を越えて昭和村方面へ北進します。昭和村への看板が出ているインターを左に下ります。正面に東海環状自動車道の美濃加茂インターが見える信号を左折します。次の突き当たりの信号を右折します。そのまま県道418号を道なりに進み「下羽生」の信号を右折、「タウンホール前」の信号を超えてすぐ左カーブしているあたりで細い道へ右折します。突き当りを右折し、そのまま道なりに1分程度進むと左手にお寺(龍福寺)への入り口が見えてきます。入り口を過ぎてすぐ左手にギャラリー(自宅内併設)があります。

工房へは、お寺(龍福寺)への入り口を左折し、1本目を右折します。するとログキャビン風の工房が右手に見えてきます。
各務ヶ原方面からお越しの場合
国道248号を美濃方面にお進み下さい。「加茂野」の信号を左折します。「タウンホール前」の信号を超えてすぐ左カーブしているあたりで細い道へ右折します。突き当りを右折し、そのまま道なりに1分程度進むと左手にお寺(龍福寺)への入り口が見えてきます。入り口を過ぎてすぐ左手にギャラリー(自宅内併設)があります。

工房へは、お寺(龍福寺)への入り口を左折し、1本目を右折します。するとログキャビン風の工房が右手に見えてきます。
関方面からお越しの場合
県道58号を武儀金山方面に向かいます。「大平賀」の信号を右折します。1つめの信号を過ぎ、右にカーブしているあたりで細い道へ左折し、突き当りを右折します。(富加町役場の信号(タウンホール前)まで行ってしまった場合は、その信号を左折し、すぐに左折すると同じ場所に出ます。)そのまま道なりに進むと、左手にお寺(龍福寺)への入り口が見えてきますので、入り口を過ぎてすぐ左手にギャラリー(自宅内併設)があります。

工房へは、お寺(龍福寺)への入り口を左折し、1本目を右折します。するとログキャビン風の工房が右手に見えてきます。