ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
一枚板の手作り家具ができるまで
手作り家具の展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(無垢一枚板や手作り家具のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
リンク
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房のインスタグラム
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具



一木一会(無垢一枚板との出会い)

市場で丸太と出会う。

その時から半布里工房の創作活動は始まっています。
雨でぬかるんだ土場に転がされた丸太のそばでじっくり向き合っていると、
その木が自然と創作のヒントを与えてくれます。

「よし、この木でベンチを作ろう」

半布里工房の作品がまたひとつ増える瞬間です。
そして、百年、二百年と生きてきた木の命を無駄にする事の無いように…と、
心に誓うのです。
 
無垢の木の手作り家具の温かみ

無垢の木の温かさ、優しさ、強さに魅かれて家具を手作りしています。

一削りするごとに変わる木の表情。

磨き込み、そしてオイルを塗り込んだ後にあらわれる木の色合い。

そういったものに癒されつつ、今日も木と向き合っていますが、
そんな木の家具の良さを一人でも多くの方に味わって頂けたら…と思います。

>> 本当の木の家具ってどんなもの?
 
半布里工房が「住む」に掲載されました!
「住む」2014春 no.49に半布里工房の作品が掲載されました!「住処に住む。sumica ni sumu。〜住まいに溶け込む家具たち〜」という特集で取り扱って頂きました。
>> 詳しくはこちらをご覧下さい
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
手作り家具工房の里山から
2017.12.05
「ふるさと納税」
ふるさと納税の返礼品我が町富加町の「ふるさと納税」の返礼品として11月から「ちゃぶ台」「木馬」「おにぎりスツール」の3点を載せさせていただいていますが、おかげさまでぼつぼつとご注文をいただき、発送をさせて頂いています。現在も徐々に在庫がなくなってきているので、急いで制作に取り掛かっています。

ところで、このふるさと納税の商品は通常のご注文と違って私が直接お客様とやりとりをするものではなく、あくまでも町が窓口となって、町の方から私どもに発送の依頼を頂くということになっています。ですので私の方からは発送をするだけで、いつも「どんな人が買ってくださったんだろうなぁ」と想像しているだけです。

ところが先日次のようなメールが来ました。

福岡県在住の○○と申します。

本日、ふるさと納税の返礼品としておにぎりスツールを受け取りました。一言お礼を申し上げたく、メッセージを送らせていただきました。

写真以上に素敵なスツールで、座り心地も良く、とても気に入りました。長く大事に使って、愛用させていただきます。この度はありがとうございました。


感想を送って下さるとは思ってもいなかったことなので、とてもうれしかったです。そんなわけで、一品一品心を籠めて作ることの大切さを再確認させていただきました。

話は変わりますが、このところ友人、知人にプレゼントするものを作る必要があり、小物を作りました。

桂の木のお盆 桂の木のお盆一つは息子がタイでお世話になったホストファミリーにプレゼントするお盆です。我が家でも使っていますが、使いやすくて愛用しています。

桂の木のお盆材はやはり日本の木がいいだろう(しかも軽くて丈夫なものがいい)ということで、貴重な桂の木で作りました。直径は37cmぐらいです。

結構大きいのでろくろ作業もちょっと大変です。慎重に削っていきます。
桂の木のお盆桂の木は今ではなかなか手に入らなくなり貴重です。うちにはまだ大きな盤もありますので、また何かいい物を作ろうと思っています。
ベニマツのペン立てもう一つは、先日のピザ会の時に還暦祝いのポロシャツをプレゼントしていただいたメンバーの方々へのお礼です。いつも使えるものがいいだろうということで、ベニマツでペン立てを作りました。

なぜベニマツで作ったかというと、(もちろんベニマツという木がなかなか無い貴重な木だということもありますが)彫刻をしたかったからです。楽しみながら久しぶりにナイフ1本で彫刻をしました。側面にはしっかり「jagar's garden」と入れておきました。(底の裏側には半布里工房の焼き印も押しておきました。)

ベニマツのペン立て ベニマツのペン立て ベニマツのペン立て

ところで、日々仕事をしていると木の切りくずや木っ端が出ますが、これらはいつも捨てられる(燃やされる)運命にあります。ところが先日、縁あって小学校の子供に(木っ端一籠)差し上げました。そうしたら子供たちはすごく喜んで、目を光らせてこの木っ端を図工の作品に使ったようです。

図工の作品子どもの発想は素晴らしいですね。私が捨てたものがワニの目や口になったり、戦車の大砲になったり、人の顔や体になったり、カラフルな木になったり、素敵な額縁に変身したり…それに何より捨てられる運命の木っ端がこうやって生かされることがまたうれしいです。

図工の作品 図工の作品 図工の作品
>> 里山日記バックナンバー
 
半布里工房の手作り更新履歴
2017.12.05 里山便りを更新しました。
2017.11.07 里山便りを更新しました。
2017.10.20 円卓桜(サクラ)円卓を追加しました。
2017.10.19 里山便りを更新しました。
2017.10.18 円卓栃(トチ)無垢一枚板 円座卓を追加しました。
2017.10.17 円卓欅(ケヤキ)無垢一枚板 円座卓を追加しました。
2017.10.16 木になる話に「丸棒けずり」を追加しました。里山便りを更新しました。
2017.10.13 よくあるご質問を追加しました。

>> これまでの更新履歴
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com