ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
一枚板の手作り家具ができるまで
手作り家具の展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(無垢一枚板や手作り家具のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
リンク
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房のインスタグラム
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具



一木一会(無垢一枚板との出会い)

市場で丸太と出会う。

その時から半布里工房の創作活動は始まっています。
雨でぬかるんだ土場に転がされた丸太のそばでじっくり向き合っていると、
その木が自然と創作のヒントを与えてくれます。

「よし、この木でベンチを作ろう」

半布里工房の作品がまたひとつ増える瞬間です。
そして、百年、二百年と生きてきた木の命を無駄にする事の無いように…と、
心に誓うのです。
 
無垢の木の手作り家具の温かみ

無垢の木の温かさ、優しさ、強さに魅かれて家具を手作りしています。

一削りするごとに変わる木の表情。

磨き込み、そしてオイルを塗り込んだ後にあらわれる木の色合い。

そういったものに癒されつつ、今日も木と向き合っていますが、
そんな木の家具の良さを一人でも多くの方に味わって頂けたら…と思います。

>> 本当の木の家具ってどんなもの?
 
半布里工房が「住む」に掲載されました!
「住む」2014春 no.49に半布里工房の作品が掲載されました!「住処に住む。sumica ni sumu。〜住まいに溶け込む家具たち〜」という特集で取り扱って頂きました。
>> 詳しくはこちらをご覧下さい
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房の手作り家具は「ふるさと納税」でもご利用いただけます
手作り家具工房の里山から
2018.02.13
「山桜のテーブル」
相変わらず寒いです。でも北陸地方の方々のことを思ったら、そんなことは言ってられません。昨日ネットで接着剤を注文したら、(石川県にあるその会社から)電話がかかってきて、「流通が困難な状況なので配送が遅れますがいいですか?」とのこと…もちろん「全然構いません。大変なことは承知しています。待ちますから大丈夫です」と返事をしておきました。ご苦労様です。

さて、制作中の山桜ブックマッチ2枚接ぎテーブルの方はだいぶん形になって来ました。

山桜の2枚接ぎダイニングテーブル 山桜の2枚接ぎダイニングテーブル脚部の脚下の模様(デザイン)でしばし悩みます。紙にいくつか書いてみて考えます。
山桜の2枚接ぎダイニングテーブル 山桜の2枚接ぎダイニングテーブル 以前に作ったベニマツのテーブルや、胡桃(クルミ)の円卓などはこんな感じ。
山桜の2枚接ぎダイニングテーブル 山桜の2枚接ぎダイニングテーブルようやく決まって削りにかかります。際鉋やノミを使って整形していきます。

削り跡はそのまま残します。だから慎重に丁寧に…。

天板のサンディング天板の方は表側の面取りなど最終仕上げをして、サンディングをします。
天板のサンディング脚部も全ての部材に鉋掛けをし、仕上げをし、サンディングをしてから組み立てをします。

その後、接着剤が乾いてから通しほぞの部分を仕上げて完成です。(…と、簡単に書きましたが結構時間はかかっています。)
山桜の2枚接ぎダイニングテーブルこうしてあとは塗装に入って行くのです。オイルを塗る一瞬が楽しみです。
>> 里山日記バックナンバー
 
半布里工房の手作り更新履歴
2018.02.13 里山便りを更新しました。
2018.02.06 里山便りを更新しました。
2018.02.01 里山便りを更新しました。
2018.01.16 里山便りを更新しました。

>> これまでの更新履歴
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com