ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
一枚板の手作り家具ができるまで
手作り家具の展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(無垢一枚板や手作り家具のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
リンク
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 
半布里工房のインスタグラム
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具



一木一会(無垢一枚板との出会い)

市場で丸太と出会う。

その時から半布里工房の創作活動は始まっています。
雨でぬかるんだ土場に転がされた丸太のそばでじっくり向き合っていると、
その木が自然と創作のヒントを与えてくれます。

「よし、この木でベンチを作ろう」

半布里工房の作品がまたひとつ増える瞬間です。
そして、百年、二百年と生きてきた木の命を無駄にする事の無いように…と、
心に誓うのです。
 
無垢の木の手作り家具の温かみ

無垢の木の温かさ、優しさ、強さに魅かれて家具を手作りしています。

一削りするごとに変わる木の表情。

磨き込み、そしてオイルを塗り込んだ後にあらわれる木の色合い。

そういったものに癒されつつ、今日も木と向き合っていますが、
そんな木の家具の良さを一人でも多くの方に味わって頂けたら…と思います。

>> 本当の木の家具ってどんなもの?
 
半布里工房が「住む」に掲載されました!
「住む」2014春 no.49に半布里工房の作品が掲載されました!「住処に住む。sumica ni sumu。〜住まいに溶け込む家具たち〜」という特集で取り扱って頂きました。
>> 詳しくはこちらをご覧下さい
 
お値打ち品のご案内
手作り家具工房の里山から
2017.10.16
「とっておきの…」
工房では3種の円卓が完成(一つは円卓で二つは円座卓です)し、塗装に入っています。正確に言うと桜(サクラ)の円卓と栃(トチ)の円座卓は塗装も終わり完成。欅(ケヤキ)の円座卓は塗装の最中です。

トチの円座卓こちらは栃(トチ)無垢一枚板の円座卓です。天板の鉋掛けをすると、きらきらしたきれいな模様が浮かび上がります。
トチの円座卓 トチの円座卓かくして塗装も終わり、完成です。こちらはシンプルな丸い4本脚です。
トチの円座卓天板のサイドの面は「蛇腹面」にしました。
サクラの円卓こちらは桜(サクラ)の円卓です。(前回の里山だよりにも書きました。) オイルとワックスで塗装をしたら、きれいな模様が浮き出てきました。

実はこの板…とある木工家から格安で分けてもらったものです。(その方が仕事をお辞めになるというので処分されたのです。)

その方は「水目桜だ」と言ってみえましたが、私はどう見ても「アメリカンブラックチェリー」じゃないかと思ったわけです。結局わからずじまいでしたが、こうやって仕上げてみるとひょっとして本当に「水目桜」かもしれません。木って本当に分からないものです。

脚部はシンプルな1本脚です。天板の厚み、面の取り方(サイドの面はシンプルな面です)、脚部の模様など、スマート(スタイリッシュ)になりすぎないように あえて無骨な(素朴な)感じに仕上げてみました。

サクラの円卓 サクラの円卓脚柱のほうも鉋の削り跡がそのまま残っています。
ケヤキの円座卓こちらは欅(ケヤキ)無垢一枚板の円座卓です。天板の裏側に「寄せ蟻」の加工をします。幅の広い大きな板脚に寄せ蟻の加工をしましたので、これ以上の反り止めはありません。強度は抜群です。
ケヤキの円座卓天板のサイドは「蛇腹面」に仕上げます。内丸がんなや平がんなを使って削っていきます。

さらにノミで仕上げていきますが、このノミ跡はそのまま残します。
ケヤキの円座卓脚部の整形です。電動工具で荒削りの後、南京がんなという鉋で削って仕上げています。
円卓と円座卓かくして工房の中には3つの円卓がこんな風に並んでいます。

一旦塗装をした後、(乾いてから)天板と脚部を組み立てます。「寄せ蟻」の加工がしてあるので叩き込むだけです。
ケヤキの円座卓 ケヤキの円座卓こうして最後の塗装に入りました。珍しい杢をした欅(ケヤキ)の無垢一枚板円座卓です。

これら3つの作品も、以前から持っていた「とっておきの材料」を形にしたものです。今年初めの里山だよりに書きましたが、工房の中にはずっとしまってある「とっておきの材料」があります。それらに日の目を見させてやるというのが、今年の私の目標の一つでもありました。

先日ご紹介しました「クラロウォルナットのパーソナルデスク」や「シベリヤ産ベニマツのダイニングテーブル」、同じくシベリヤ産ベニマツで作った「SBチェア」などもそういうとっておきの材料を形にしたものです。こうして着々と目標がクリアできているのはうれしいことです。いずれお披露目の場を作ろうと思っています。まだまだ他にも作らなければなりません。

山桜の共木(ブックマッチのテーブルにするつもり)、由緒ある古刹の建具(テーブルまたは座卓に変身させるつもり)、存在感のある欅(ケヤキ)の無垢一枚板(座卓にするつもり)、杢のきれいな栃(トチ)の根株などなど…書き出せばきりがありません。

はたして全部形にすることができるのだろうか??…頑張ろうっと。
 
>> 里山日記バックナンバー
 
半布里工房の手作り更新履歴
2017.10.16 木になる話に「丸棒けずり」を追加しました。里山便りを更新しました。
2017.10.13 よくあるご質問を追加しました。
2017.10.11 よくあるご質問を追加しました。
2017.10.10 里山便りを更新しました。
2017.10.05 よくあるご質問を追加しました。
2017.10.02 里山便りを更新しました。
2017.09.29 ちょこっとスツールの制作例を追加しました。
2017.09.26 椅子New KOSI-KAKEを追加しました。
2017.09.22 里山便りを更新しました。
2017.09.11 クラロウォールナット パーソナルデスクを追加しました。
2017.09.04 里山便りを更新しました。
2017.08.22 里山便りを更新しました。
2017.08.17 里山便りを更新しました。
2017.08.09 椅子SBチェアを追加しました。
2017.08.08 里山便りを更新しました。
2017.08.07 円卓胡桃(クルミ)円卓を追加しました。

>> これまでの更新履歴
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com