ダイニングテーブル用の天板も販売しています
サイトマップ

無垢一枚板のこだわり手作り家具
原木からのご提案
手作り家具へのお客様の声
一枚板と漆にこだわる半布里工房とは
一枚板の手作り家具ができるまで
手作り家具の展示会案内
手作り家具によくあるご質問
木になる話(無垢一枚板や手作り家具のマメ知識)
手作り家具のお問い合わせ
手作り家具/オーダー家具のご注文
リンク
本物志向の無垢の学習机
 
お値打ち品のご案内
 

無垢一枚板の手作り家具とオーダー家具



一木一会(無垢一枚板との出会い)

市場で丸太と出会う。

その時から半布里工房の創作活動は始まっています。
雨でぬかるんだ土場に転がされた丸太のそばでじっくり向き合っていると、
その木が自然と創作のヒントを与えてくれます。

「よし、この木でベンチを作ろう」

半布里工房の作品がまたひとつ増える瞬間です。
そして、百年、二百年と生きてきた木の命を無駄にする事の無いように…と、
心に誓うのです。
 
無垢の木の手作り家具の温かみ

無垢の木の温かさ、優しさ、強さに魅かれて家具を手作りしています。

一削りするごとに変わる木の表情。

磨き込み、そしてオイルを塗り込んだ後にあらわれる木の色合い。

そういったものに癒されつつ、今日も木と向き合っていますが、
そんな木の家具の良さを一人でも多くの方に味わって頂けたら…と思います。

>> 本当の木の家具ってどんなもの?
 
半布里工房が「住む」に掲載されました!
「住む」2014春 no.49に半布里工房の作品が掲載されました!「住処に住む。sumica ni sumu。〜住まいに溶け込む家具たち〜」という特集で取り扱って頂きました。
>> 詳しくはこちらをご覧下さい
 
お値打ち品のご案内
手作り家具工房の里山から
2016.06.27
「夕ご飯」
工房で作業中に、首筋や耳の中がモゾッとするようになりました。ついにあの「コバエ」が出始めました。まだ本当に少しだけで、工房の中だけにしかも短時間で留まっているのでいいですが、本宅の中まで出るようになってはどうしようもありません。昨年、一昨年と大発生は無く何とか平和に暮らせましたが、今年はどうなることかとちょっと不安な毎日を過ごしています。

調理された野菜話は変わりますが、毎日我が家の夕食には畑で取れた野菜が料理されて出ます。野菜だらけの食卓になってしまうので子どもたちはちょっとかわいそうですが、それでも旬の野菜ほどいいものはありません。無農薬だし。

きゅうりが取れすぎるので妻は困り顔ですが、なんとかきゅうりのキュウちゃんにしたり、三杯酢につけたりして料理してくれます。キュウちゃんは人にあげたりもしています。

ジャガイモ前々回の里山だよりに書いたジャガイモは、ほぼ毎日のように料理に出されます。これは一番手っ取り早く料理できる定番メニューです。ジャガイモを切ってレンジでチンして、マヨネーズとしょうゆにつけて食べます。ほくほくしておいしいです。
ポテトサラダこれはポテトサラダです。うちのじゃがいもは本当においしいと思います。ほくほく感が全然違います。

以前ジャガイモを差し上げた人もやはりポテトサラダを作ったと言って、写真を撮ってLINEで送ってくださいました。
じゃがいもの煮物こちらはじゃがいもを掘って間もないころだけの限定料理と言ってもいいでしょう。すごく小さなジャガイモで普通なら捨てるような物ですが、それを皮が付いたまま揚げて、煮て料理したものです。掘ってすぐの頃は皮もやわらかく、こういう小さいジャガイモはそのままこうして料理して食べることができます。これがまたとってもおいしいのです。

ちなみにこの料理は妻の母が作ってくださいました。妻でも出来なくはないのですが、この味はやはりお母さんの味ですね。もちろん他にもいろんなジャガイモ料理を食べています。カレーだって、うちのじゃがいもが入っただけで味は全然違ってきます。

そういえば先日お出でいただいてご注文いただいたお客様(何度もリピートいただいているお客様ですが)にジャガイモときゅうりを少し差し上げましたら、LINEでご連絡くださいました。

「じゃがいもときゅうりも早速いただきました。ジャガイモを煮物にしたら子供達がおかわりにして食べて、月曜日のお弁当にもジャガイモを入れていきました。きゅうりも歯ごたえがしっかりしていてとってもおいしかったです」…喜んでいただけて私もとっても嬉しいです。以上、今日はうちのじゃがいもの大自慢大会となってしまいました。

収納棚 収納棚さて、工房では壁面収納プロジェクト第2弾「収納棚」の制作中です。

本体の組み立ては終わり、引き戸や棚板、底板、そして側板の制作へとかかっていくところです。

収納棚裏板は36枚…すべての裏と表に鉋掛けとサンディングをします。前回の食器棚(45枚ありました)もそうでしたが、この作業はまるで修業のようです。工房裏手に禅宗のお寺がありますが、その座禅と同じようなものかもしれません。ただひたすら削る「只管打坐」(しかんたざ)ならぬ「只管打削」であります。
>> 里山日記バックナンバー
 
半布里工房の手作り更新履歴
2016.06.27 里山便りを更新しました。
2016.06.16 お客様の声を追加しました。
2016.06.15 里山便りを更新しました。
2016.06.07 里山便りを更新しました。
2016.06.01 里山便りを更新しました。
2016.05.30 木になる話に「蝶番(ヒンジ)」を追加しました。
2016.05.27 木になる話に「工房屋さん」を追加しました。
2016.05.24 里山便りを更新しました。
2016.05.20 ダイニングテーブル胡桃(クルミ)3枚接ぎ H脚型を追加しました。

>> これまでの更新履歴
 
メールでのお問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ  
〒501-3301 岐阜県加茂郡富加町加治田720(地図    
TEL&FAX:0574-54-2737 お電話でのお問い合わせは 0574-54-2737 までお気軽にどうぞ  
info@haburikobo.com