メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る
木の手作り椅子
  1. トップページ
  2. 木になる話
  3. 共木(ともぎ)
木になる話
木になる話
共木(ともぎ)
共木共木家具の材料となる板は、丸太を製材して作ります。この時、同じ一本の丸太から取れる板の事を「共木(ともぎ)」と呼んでいます。同じ丸太から取っていますので、木目や表情、色合いや性質などは、当然の事ながら大変似たものになります。

ですから、これらの板をうまく接ぎ合わせる事によって、色合いや表情のまとまった幅広の良い板を作り出す事ができます。(共木ではない板を接ぎ合わせた場合は色合いや表情が違うものが多いので、目に見えて接ぎ合わせた事がわかる事が多いです。)

当工房では、接ぎ合わせ板を使う場合は(特にテーブルの天板などは)基本的にこの「共木」による接ぎ合わせを心がけています。テーブルなどは幅広の板を使って、できる限り2枚〜3枚接ぎで制作しています。(厚みも十分な板です。)そうすると、本当に一枚板に負けないような存在感のある板にする事ができるのです。

以下に載せる写真は「共木」による2枚接ぎ、あるいは3枚接ぎのいくつかの制作例です。
ウォールナット2枚接ぎウォールナット2枚接ぎ
山桜2枚接ぎ山桜2枚接ぎ
山桜2枚接ぎ座卓山桜2枚接ぎ座卓
タモ2枚接ぎ座卓タモ2枚接ぎ座卓
ウォールナット3枚接ぎウォールナット3枚接ぎ
胡桃(クルミ)3枚接ぎ胡桃(クルミ)3枚接ぎ