メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る
木の手作り椅子
木になる話
木になる話
板指し
箱物家具の主構造は両側面の立面(「方立て」あるいは「帆立て」などと言います)の作り方によって大きく「板指し」(あるいは「板立て」)と「框組み」(あるいは「框立て」)とに分けられます。

両側面(立面)に無垢板をそのまま用いる構造を「板指し」と言いますが、無垢板をそのまま用いるわけですから「反り」が出てくる事を頭に入れて制作する必要があります。

当工房では「蟻組み接ぎ」や「留形隠し蟻組み接ぎ」といった伝統的な仕口をよく用います。又、無垢板は伸び縮みもしますので、その事を頭に入れて内部の構造なども考えなければいけません。
箱物家具の板指し 箱物家具の板指し 箱物家具の板指し 箱物家具の板指し 箱物家具の板指し 箱物家具の板指し 箱物家具の板指し