メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る
木の手作り椅子
  1. トップページ
  2. 木になる話
  3. 槍鉋(やりがんな)
木になる話
木になる話
槍鉋(やりがんな)
槍鉋(やりがんな)まだこの世に「鉋(かんな)」という道具が発明される前に、斧、釿、まさかりなどで荒く削った後の仕上げ削り用として用いられたかんなです。先が槍のような形をしています。

法隆寺の柱などが「槍鉋」を用いて削られた事はよく知られています。
槍鉋(やりがんな)手前に引いて削ります。削ると表面に凹凸ができます。
槍鉋(やりがんな)本来は平面に削るための道具なのですが、使い方によって面白い模様になるので、当工房では表面に味わいを加味するような使い方をしています。
槍鉋(やりがんな)槍鉋(やりがんな)漆を塗って仕上げると、一層味わいが出ます。