メールでのお問い合わせはこちら
0574-54-2737
木のこだわり手作り家具
お客様の声 手仕事にこだわる半布里工房とは 手作り家具ができるまで 新作の展示会案内
よくあるご質問 木になる話(木の豆知識)
ダイニングテーブルなどのお問い合わせ オーダー家具のご注文 トップページに戻る
木の手作り椅子
  1. トップページ
  2. 木になる話
  3. 桜(サクラ)
木になる話
木になる話
桜(サクラ)
比重:0.55(ブラックチェリー)〜0.67(シウリザクラ)
桜は日本を代表する木と言っても過言ではないでしょう。3月末から4月初めにかけて、日本中あちらこちらでソメイヨシノ、八重桜、枝垂桜、山桜などの花が咲き誇ります。

桜(サクラ)ただ、家具に使われる桜となると主にシウリザクラか山桜、あるいはアメリカ産のブラックチェリーとなります。特に最近では大径の山桜やシウリザクラは少なく、入手しにくくなってきています。そのため、アメリカ産のブラックチェリーが多く使われるようになってきています。

桜によく似ているものでカバ(樺)があります。桜はバラ科で樺はカバノキ科ですが、実は業界では伝統的に、この樺も含めて「桜」と言って使っていたところがあります。桜は量が少なく大きい材が取れませんので、その代用として使われていたのです。

材料としての桜は大変良い材料と言えます。硬くて強くて粘りがあり、色合いが美しく艶もあります。反りや狂いも比較的少なく、水にも強い上、刃物のとおりも良いという良い事づくめです。

桜(サクラ)個人的には特にその色艶が好きです。オイルでナチュラルに仕上げるとピンク色からやや赤味がかったその色合いが、優美な感じを与えてくれます。(この赤味がかった色合いは、経年変化によってかなり濃い色へと変わっていきます。) ただし上述したように、量が少なくなかなか大径の木が取れないので、希少価値となり価格は少し高価となります。

テーブルなどの天板、箱物、椅子など、何にでも適しており、大変使いやすい材料だと言えます。
桜(サクラ) 桜(サクラ) 桜(サクラ) 桜(サクラ) 桜(サクラ) 桜(サクラ) 桜(サクラ) 桜(サクラ) 桜(サクラ) 桜(サクラ)